ぷりゅすの休日

PVC



PVCとは塩ビやビニールとも呼ばれるプラスチック(合成樹脂)素材のこと

ファッション用語ではPVCの呼び名が定着しています

通常はこのようなバッグに使用されています

COMME des GARCONS SHIRT bag_622


ロンドンストリートは洒落者の集まるところですが

トレンド新しもの好きの集まる場所でもあります

18年春夏はウェアもトレンドなんですね

plus_ london snap_617_08


蒸れてしまうとか耐久性とかは2の次なんですね・・・


ちなみに 内側の紙はハトロン紙といって洋紙で

封筒や アパレル業界では型紙に使用される硬質な紙のことです


アップリフト


plus_ london snap_617_05


ジャケットの発祥を感じさせるデザイン

リネンをブレンドしたようなシャリ感のあるマテリアル

目深に被ったボルサリーノ

心を高揚させてくれる ロンドンシック



軍服の詰襟を折り返したのがジャケットの始まり




ヘリテージ



plus_ london snap_617_02


plus_ london snap_617_04


ロンドンストリートのファッションを見ていると

その変遷やトレンドに迷いがないって気がします

ジャケットを初めて世界に発信した国

洋服は伝統であり 伝統っていうのは

古いものを踏襲することでもなく

否定することでもない

時代のタイトロープを踏み外さないように嗅ぎ分ける

嗅覚みたいなもんだ

どうやら 今回は足元変化があるようだ





トラデショナル



plus_ Tora_616_3

果敢なチャレンジにはお見事です

きれいめなトラッドスタイルは良いんだけれど

やっぱりあの時代のストーリーを忘れちゃいけない

シャツインするのであれば もう少し股上の深い

腰回りがゆったりしたトラウザースが肝です



plus_ Tora_616_4

ゆったりパンツは良いんだけれど

立体的なパターンていうのは大変難しく

高等なテクニックを必要とします

裾口が狭すぎるっていういう事もあるんだけれど

腰回りの分量が 横に逃げてしまって

まるでジョドパーズパンツみたいでなんともおかしい

僕には狙っているようには見えません



plus_ Tora_616_2

一見ルーズそうに見えますが

マテリアルやテイストに合わせてコーデされています

履き慣れたデニムパンツや杢グレーのインナーに合わせて

熟練のの縫製技術で 最小限の副資材

具体的にはパッドもなく接着芯等も最小限で仕立てられた

究極のアンコントラクテジャケットです

中々 形にはなりにくいものですが 襟の返りも大変 綺麗です

素晴らしい一着ですね



plus_ Tora_616_1

全てをわかっていて 洒落のめしています

パッチワークのデニムジャケットや

リジッドから育て上げた風合いのパンツにも愛情が感じられます



plus_ Tora_616_5

トラッドベースでここまで仕上げてくるとは

ただ者ではありませんね

何よりファッションを楽しんでいるっていう

笑顔が最高ですね




リラクシングパンツ



リラクシングっていうのはくつろがせるとか

リラックスさせるっていう意味


plus_ shorts_613_3


背伸びしていないリアルクローズなスタイルに

好感が持てますね

品質の良いラフィアのハットに

骨太のエフェクターのメガネに

腕のバングルが超オシャレです


plus_ shorts_613_2


こちらは手堅く安定のネイビーをチョイス

清涼感のあるコーデです

さりげないラウンドカラーのシャツが

大人の無邪気さを演出していますね


plus_ shorts_613_1

♯COMME des GARCONS SHIRT boys



せっかくのショートパンツなら

締め付けの少ないウエストシャーリングとか

やはり流れから行って 股上の深い ワイドで

体との接着面の少ない立体的なパターンのパンツがオススメです