ちいさな魂と太陽  the little soul and the sun

littlesoulco.jpg




昔々 まだ時というものがなかったころ 『ちいさな魂』が神さまに言いました

「僕が誰だか わかりましたよ!」


神さまは答えました

「それは素晴らしいね! で、きみは誰なの?」

ちいさな魂は 力いっぱい叫びました


「ぼくは光なんです!」

神さまもニッコリして 大きな声で答えました

「そのとおりだ!きみは光だよ」


ちいさな魂は とっても幸せでした

だって 神さまの王国にいる魂のすべてが 知りたがっていたことを知ったのですから


「わーい 僕たちって、なんてすてきなんだろう!」


ところが しばらくするとそれだけでは満足できなくなりました

ちいさな魂は なんだかムズムズしてきたのです 

そして 自分自身を体験したくなりました


そこで ちいさな魂は また神さまのところへ戻って こういいました

「ねえ 神さま!僕 自分が誰だかわかったから

こんどは自分を体験したいな   いいですか?」


神さまは答えました


「おやおや、きみはもう きみ自身なのに それを体験したいというのかな?」


「そうなんです」 と ちいさな魂は答えました


「自分がだれだか知っていることと 自分自身を体験することとは、ちがいますよね

僕 自分が光だっていうのはどんな感じなのか 体験してみたいんです」


「だが きみはもう光なんだよ」


神さまはまた 微笑みました


「ええ、知ってます

でも 光であるってどんな感じがするのか 知りたいんですよ!」


ちいさな魂は大きな声でいいました


「そうかそうか」


神さまはクスクス笑っていいました


「それも無理はないね きみには冒険心があふれている」


それから 神さまはちょっとむずかしい表情になりました


「ただし、ひとつだけ困ったことがあるのだが・・・」


「困ったことってなんですか」 ちいさな魂は、たずねました


「光でないものは、何もないってことだよ

わたしが創ったきみたちは なにもかも すべてが光なんだ

光以外には何もない だから きみ自身を体験するのは簡単じゃない

だって きみとちがうものは 何もないんだからね」


神さまはいいました


「そうなんですか?」


ちいさな魂はつぶやきました なんだか混乱してきたのです


「こう考えてごらん」


神さまはいいました


「きみたちは太陽のなかにあるロウソクのようなものだ


きみたちは、確かにそこにいる

なん億、なん兆、いや無数のロウソクが集まって太陽をつくっている

きみたちがいなければ、太陽も存在しない

きみがいなくても、太陽は太陽だが ロウソクの一本たりない太陽だ


それは太陽じゃないんだよ


完全な太陽ほど、明るく輝けないからね


しかし 光のまっただなかにいたら どうして自分が光だと感じられるだろう?

それが問題だな」


「でも、あなたは神さまでしょう」


ちいさな魂は思いきっていいかえしました


「なにか方法を考えてください」





2に つづく                                      ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/411-175ed937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)