新興国でお下りが迷惑がられている | ぷりゅすの休日
FC2ブログ

新興国でお下りが迷惑がられている



古着リサイクルシステムはすでに崩壊していた

新興国でお下りが迷惑がられている

ファストファッションが台頭し

僕らの服を買い換えるサイクルは早くなった

その一方で 今まで先進国が古着を送っていた

新興国で 使い古した布は 見向きもされなくなってきているという

この変化に一番敏感なのは

インドのパニパットで古着を毛糸やブランケットに

リサイクルする おおよそ200社の企業だ

主に作られているのは 中古の毛糸製品から作られる

ショディという布で 生産量の大半は 災害救助時に使用する

ブランケットの材料となっていた

ビジネスとしては順調で 2010年代前半は緊急ブランケット市場の

約9割を占めていた

でも2000年前半から中国資本が参入し パニパット工場よりも

何倍もの数のブランケットを製造できる最新鋭の機械を取り入れ

色のバリエーションも増やした

新品のフリースが定価2ドル50セントで

リサイクル品のブランケットが2ドルで売られている

その差はわずか

次から次へとやってくる古着の洪水に対処できないだろう

服の製造量は世界中で倍増した

古着の数が増えているにも関わらず それを受け止める市場が

縮小しているのだ

例は悪いけれど 災害復興の過程で必要なものは

その進捗により変わってくる

衣食住が足りてきた新興国も選べない寄付によるお下りより

ファストファッションによる価格の低下で自分好みの

着こなしを楽しむようにステージが変化してきている

アパレル産業は飛行機や海洋船舶よりも

無駄な服の焼却により 温室効果ガスを多く排出している

リサイクル産業が崩壊すればその量はさらに増える

長期的に見れば 大切なのは消費者の意識を

安さ から 質 に戻し きちんとその費用をもらうことが重要だ

今は新しい時代を織り上げていくしかないのだから