凋落 | ぷりゅすの休日
FC2ブログ

凋落



かつては 誰もが羨む銀行員!

今その存在意義が揺らいでいるんだ

IEやAI化が進む中 銀行員の仕事はますます必要性が薄れてきている

政府のマイナス金利政策の上 振込なんかの手数料もネットや

ビットコイン等の存在で低迷

そこにきて肝心の貸し出し業務の融資も

目利き力があるとは思えない人が法人の財務データーを

パソコンに打ち込んで自動的に貸し出せる限度額に従って

融資いているだけ

そういうレベルの銀行員は真っ先にリストラの対象ですね

今までは時代錯誤のハンコ社会でしたが 今や画面にサインを書き込むだけで

筆跡や筆圧で個人を特定できます

そうすると そういう判定や審査をしていた人たちが必要なくなります

公共料金もコンビニで払えるし あらゆる決済がネットできるようになった

メガバンクが かつての規模を維持していく必要性が薄れています

店舗が一つ無くなると そこでの窓口業務とか事務作業に携わっていた

人たちの仕事が丸々消えるということです

実際 みずほは1万9千 三菱UFJは9千5百人 三井住友は4千人分の

仕事削減と合わせて 店舗の統廃合も検討しています

リストラって言わないのが相変わらず 腹黒いですね

金融庁もこれからはコンサルティング機能を磨いて手数料を

稼ぐべきだって尻を叩いているけれど

すでに それぞれの分野で専門的知識を持ったコンサルティングが

存在していて 今の銀行員が それ以上の能力を持っているとは思えない

元銀行員に聞くと会議が多すぎて しかもほとんどがセレモニーだっていう

銀行は官僚的な組織だから儀礼的なんだろうけれどね

iPadが配られ ペーパーレス化は進んだけど 

容量に際限がないから アホみたいに膨大に手の込んだ

資料が作られたり意味もない動画を貼り付けたり

私 頑張っていますよアピールが増えたらしい!

まぁ 今や 仕事をしているふりをさせたら銀行員は日本一

っていう事です

窓口業務や融資がITに取って代わられるだけではなく

アナリストやトレーダー ディーラーって言う これまで銀行業の花形と

されてきた行員さえも削減の対象になっています

投資や運用ではすでにAIの方が優れています

こういう人たちは一般行員に比べて給与が高いから

特に 真っ先に人員整理の対象になるでしょうね

最近はメガバンクからの出向も拒否する取引先も増えています

昔はゼネコンを始め 建設業界が大きな受け入れ先だったけれど

オリンピック景気もあって今は仕事がいくらでもあって

融資や仕事を取りに行く必要がない

今回 みずほは10年かけてリストラを行う方向性を示しました

〔自分がいる間は大丈夫だ〕って安堵した人が多い思うけれど

結局 そういう所なんだよね

自分の身の保身を考えてばかり

そんな状況に絶望して 優秀な若い人材はどんどん離職して行くよね

構造改革する前に 僕らの希望がITやIA の進化を推し進め

漫然とあぐらをかいていた 銀行をはじめとする官僚体質の企業が追いやられている

安倍政権が最も期待する 官僚体質の企業だ

身から出たサビかな

中小企業なんかサビ出している暇もないんだけれどね