135What to wear now | ぷりゅすの休日

135What to wear now



一周回ってじゃないけれど

この春先にはギャルソンで2プリーツパンツが復活しました

ツープリーツパンツ2plus


ウエストに2プリーツを入れることで腰周りに丸みと

ゆとりを持たせています

タックによる腰回りのゆとりが特徴的なテーパードシルエットですね

いよいよビッグシルエットへのアプローチでしょうか?

ところで 一昔前 ネイビーはおっさんのジャケットやスーツの代名詞で

ネイビースーツplus

ネイビーjk_plus


折しも アイビーブームで紺ブレなどというものが世間を賑わしていましたが

それに反旗をひるがえすように次世代ではグレーやチャコールグレーが

好まれたものでした

高度成長の下 エコノミックアニマルと呼ばれ着たきりの

汗臭いスーツ姿は ドブネズミルックなどと揶揄されていました

ネイビーに比べてグラデーションの幅が広いグレーは

結構 長い間 健闘したんじゃないかと思いますね

その間 何度か雑誌ポパイの火付けでプレッピーや渋谷のキレカジで紺ブレは登場します

その後 第三世代っていうか世間に蔓延とまで行かないにしても

黒の時代が続きました

普通 冠婚葬祭等の非日常な黒服の装い

いわゆるカラス族 ギャルソンやワイズなどの影響で

それまでのファッションの概念をぶち壊す革命が起こりました

カラス族plus


僕がちょうど 長い暗黒時代である販売員時期からデザイナーの端くれみたいに

這い上がれた頃で 職業として選んだ服作りに関われる反面

自分のコーデまでの煩わしさを半減してくれる

白黒のコーデは楽だと嘯いていた時代ですね

僕の場合 仕事では紺のジャケットは試着したことはあっても

購入したことはない

一周回ってどころか 今回初めて紺ブレを購入

しかも黒に近いネイビーではなく おっさんぽい紺です

112050705.jpg


大丈夫か? 俺

しかも 来るべき春に備えた ペランペランのウール素材

究極の普通です