北朝鮮って言うリスクを軽減する方法 前 | ぷりゅすの休日
FC2ブログ

北朝鮮って言うリスクを軽減する方法 前



もし仮に北朝鮮が発射したミサイルが北朝鮮近海に

配備したアメリカの空母に当たっちゃったら

どうなるか?

戦争って言うことになれば アメリカはすぐにICBMを

撃ち込んで 北朝鮮は消滅することになる

でも 北朝鮮が消滅する規模の核攻撃をしたら

韓国や中国やロシアにまで放射性物質が拡散する

もちろん日本にもね!

朝鮮半島や沿海州 中国北東部の一部が住居不能になる場合

アメリカはその責任が取れるんだろうか?

空母にミサイルが当たったので その報復に国一つを消滅させました

っていうのは いくらなんでも収支勘定が合わない

そうなると あとは戦争するって言っても

ピンポイントで核施設だけ空爆で破壊し 国民生活に被害が出ないようにする

っていう手立てしかない

でもね 仮にそれが上手くいって ライフラインや行政機構や病院・学校が

無傷で残ったとしても その国をアメリカがどうやって統治するつもりなのか?

アフガニスタンでもリビアでもイラクでも

アメリカは独裁政権を倒して民主的な政権をつくるっていうプランを

戦後は一度も成功させたことはありません

成功したのは72年前の日本だけだ!

でも それが可能だったのはルース・ベネディクトの

[菊と刀]に代表されるような 精密な日本文化・日本人の心の研究の

蓄積が占領に先立って存在していたからです

同じようにもし北朝鮮の[金王朝]を倒して 民主的政権を建てようと思うなら

それを支えるだけど[北朝鮮研究]の蓄積が必要です

でもアメリカもどこの国もそんなものは持っていない

戦争であれクーデターであれ住民暴動であれ 北朝鮮政権が統制力を失った後の

混乱をどうやって収めるかについてのプランなんて 中国もロシアもアメリカも

韓国も誰も持っていない

北朝鮮のリスクついて一番真剣に考えているのは韓国だ

でも その韓国にしても[北伐]っていうようなハードなプランは考えていないはず

とりあえず脱北者を受け得れ続け その数を年間数万 

数十万って言う規模まで増やす

そして もし何らかの理由で北朝鮮のハードパワーが劣化したら

韓国内で民主制国家経営のノウハウを学んだ脱北者たちを

北朝鮮に戻して 彼らに新しい政体を立ち上げさせる

韓国政府が北朝鮮に直接取って代わる事はできない

混乱を収めようと思ったら

[北朝鮮人による北朝鮮支配]っていうかたちをとる他ない

そのことは韓国政府にはわかっているはずです


もっとソフトな解決法があります

一国二制度による南北統一です

これは1980年に 当時の北朝鮮に金日成主席が韓国の全斗煥大統領に

向けて提案したものです

統一国家の国名は[高麗民主連邦共和国]

南北政府が二制度のまま連邦を形成するって言う案です

在韓米軍の撤退]っていう韓国政府にとって簡単に呑めない

条件がついていたので実現しませんでしたが 懲りずに北朝鮮は

2000年にも金正日が南北首脳会議の席で 金大中大統領に対して

再び連邦制の検討を提案しています

南北統一については 北の方からまず[ボールを投げている]

って言う歴史的事実は見落としてはいけないと思います


条件次第では南北統一 一国二制度の方が[自分たちにとって

安定的な利益がもたらされる]っていう算盤勘定ができないと

こんな提案はできません


今の金正恩にとっては[王朝]の安泰が約束され[王国]の中で

自分たち一族が末永く愉快に暮らせる保証があるのなら

一国二制度は悪い話じゃありません

連邦制になれば 核ミサイルをカードに使った瀬戸際外交を永遠に

続けるストレスからは解放されるし 飢えた国民が自暴自棄に成って

暴動を起こしたり 政治的野心を持った側近がクーデターを起こすと言った

リスクも軽減される

だから 北朝鮮問題を考える時に 北朝鮮と戦争をやって勝か負けるか

っていうようなレベルの話をしても仕方ないのです

考えなければいけないのは 3代70年にわたってファナティックな

専制君主が支配してきた2500万人の[国王]をどうやって現代の国際社会に

ソフトランディングさせるかっていう統治の問題なんです




相変わらずのコピペ記事でした