ぷりゅすの休日 | だいじょうぶ。よくないことはすぐ終わるから。

120What to wear now



僕らがおしゃれをする目的は様々なんだけど

大別するとね

自分のためのおしゃれ

他人のためのおしゃれ

自分が着たいものを着たいように着るのか

周りからおしゃれに見られるために着るのか

これがハッキリするだけでも 服選びが楽になるんじゃないかと思う

原宿で見かける  ゴスロリやビジュアル系ファッション

C5phuZAUwAE5HBV.jpg

17769_2.jpg

20101129_1424559.jpg

ビジュアル系のエキスを薄めた大人版 京本政樹

イベントのコスプレも「自分のためのおしゃれ」に当たると思う

自分のためのファッションだから「どういう服を着たいか?」が最優先

つまり 自己表現だね

「他人からどう思われるか?」

「周りから浮いていないか」ということは、二の次三の次だよね

自分なりに色々組み合わせなどを考えてさ

別に他人に迷惑をかけるでもないからね

6715e2d9.jpg

で もう1つ「周りに合わせるおしゃれ」

これは面倒なわけだ

それは 「おしゃれに見られるためのファッション」を考える時に

「より自分らしくスタイリッシュに」なんて考えだすと

途端にややこしいことになるし

色々な試行錯誤がここから始まる

今まで着たいものを着るだけだったのに

「これっておしゃれに見えてる?」って思うと

急に不安になって 自分の着たいものを

素直に選べなくなってくるんだ

ファッションが面倒なのは 

「自分が着たい服」と「自分がおしゃれに見える服」の

せめぎ合いだからね

だから どちらを優先させるかは 

そのときどきで決めればいいんじゃないかな?

もちろん 冠婚葬祭なんかは別として

自分の中で どっちに比重を置くか決めれば

もっと楽だし 堂々とおしゃれができると思う

自分で「こうする」って決めれば 不安は消えるもんだ

そうは言っても やっぱり「自分が着たい服=似合う服」

なのが理想なんだろうけどね


人からよく思われたいって言う承認欲求を満たすためには

その分手間はかかるけど おしゃれのためには仕方ないよね

まぁ 僕からの一つのヒントは  っていう基準かなぁ

どんなに素敵なディプレイを見ても そのコーデが自分に合うかは微妙だ

スタイルやテイスト以前に色を意識する

相手から評価を得た色なんかを優先させる

するとね これまで好きだった色が除外されることもある

これは結構 葛藤だしは哀しいけども 

自分のワードローブの中で似合わないと分かっているアイテムでも

断捨離するのは中々思いきれない

僕でも一時期 タンス4竿分位の洋服を捨てたけど

未だに一生手を通さない無いだろう アイテムが何点か補完してある

その殆どは 思い出と デザイナー時代のデザインのネタみたいなもんだ

僕が常日頃思うのは ファッションはマスマティックス数学だってね

足し算引き算の前に消去することも必要だ

実は 迷走することも含めて醍醐味でもあり楽しみでもあるわけだから




                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1889-485d906d
該当の記事は見つかりませんでした。