前回からの続きです〜

疲れのファクト原因のひとつが

仕事が終わってから スポーツクラブなんかで運動したり

公園を走ったりすること

仕事の疲れと運動の疲れは 脳の疲れって言う点で同じだから

仕事で疲れているのに運動したら 疲れた脳に

追い打ちをかけることになる!

とはいえ 健康のためには運動も必要

だから運動するなら 一晩の睡眠ですっかり疲れが取れる

適度なレベルの運動が良いってことだね

次に 日光を浴びることにも注意!

紫外線を浴びると 体内に疲労のもとになる活性酸素が

発生して疲れを呼び込んでしまう

それに以外に思うかもしれないけど

外ではサングラスをすること

目から入った 紫外線も疲労蓄積につながる

IMG_2948.jpg

そして 疲労を起こしにくくする秘訣は

ゆらぎを体験する

平均値から微妙にずれた 不規則な規則性を持つ現象を

十分に体験 体感すること


具体的には 森を散歩して 木漏れ日や鳥の鳴き声

そよ風なんかを感じる

科学では このゆらぎが疲労回復に効果があるって解明されている

それとか 科学的根拠を得られているのは

イミダペプチドって言う成分

鶏の胸肉に多く含まれていて1日分 100g摂取!

なんで胸肉かって言うと 

何万キロって言う距離を行き来する渡り鳥が

長時間疲れず羽を動かし続けることが出来るのは

抗疲労成分のイミダペプチドが大量に含まれているからだ

それから 一日にレモン2個分のクエン酸を取る

クエン酸は疲労回復効果がある

黒酢なら大さじ一杯くらいね

とは言え 起こってしまった疲れを取るのは

やはり 良質な睡眠ってことなんだ


                                     ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1838-c6bf0f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)