ぷりゅすの休日 | だいじょうぶ。よくないことはすぐ終わるから。

疲れのメカニズム



例えばランニングを始めたりすると

程なく心拍数が上がり 呼吸が大きくなって

汗をかいてくる

これをコントロールするのが脳の視床下部や前帯状回

っていう所にある 自律神経の中枢

呼吸が早く大きくなるのは 運動することで

必要になった酸素を多く取り込む為で

汗をかくのは 体温が上がりすぎるのを抑えるためだ

自律神経の中枢は体の変化に応じて 指令を出し続ける

つまり 運動したときに 最も働いているのが自律神経の中枢

それが自律神経の疲労に繋がる

自律神経が疲れると その信号が脳の眼窩前頭野っていう

所に送られて 疲労感 として伝わる

つまり疲労っていうのは の疲れだ

だから 運動した時の疲れも 仕事した時の疲れも

医学的には同じなんだ

問題なのは脳が発したアラームをを 

しっかり受け取れないことがある点!

受取を邪魔するのが やりがい 達成感 報酬 っていう

人間だけがもらえる ご褒美だ

IMG_3076.png

三吉彩花みよしあやか



やりがいとか達成感に満ちている時こそ 危ない

疲れったっていうアラームが受け取れない状態が続くと

過労による病気や 過労死を招くことになる

疲労が蓄積すると 自律神経の乱れた状態が続いて

睡眠のが下がる

睡眠の質が下がると 疲れが取れないで自律神経を乱すっていう

バッドループを招く

こういう状態を放置すると 心筋梗塞とか動脈硬化

糖尿病 がんのリスクが高まる

それとか 疲労の蓄積は脳の老化も招く

じゃあ 疲れにくくするにはどうしたらいい?


それは 次回


                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1835-542031ee
該当の記事は見つかりませんでした。