ファッションっていうのは 模倣差異化っていう

両価性相反する側面を持っている

差異化は「脳の働き」で 相手の視線を自分に集めさせて

自分のあり方に知覚者を服従させるっていう意味じゃ

絵画や音楽など他のアート表現とあまり違わない

でも ファッションは身体と外界との物理境界における視覚的表現だから

他のアートよりも人に模倣まねされやすい

それが他のアートとの一番の違いだと思う

そう考えると アート表現としてファッションから一番遠いのは

小説や詩などの言語表現かな


頭のなかで推敲された言語表現の模倣は難しい

難しさの度合いとしては そのあと絵画や映画 音楽ときて

ファッションの次に模倣されやすいアート表現は何だろう

演技かな? 

演技はファッション同様 身体表現だから 

その中身はともかく 外面は比較的模倣されやすい


なにはともあれ ファッションとは

その両価性を楽しむ行為にちがいない!


差異化 特徴の違いや性能の隔たりなどを際立たせ、差異を生み出すこと

両価性 Ambivalence

相反する価値観が同じくらいの重要度で存在すること
                                     ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1831-c1dbedb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)