今 何故 ネイビーなのか?


19世紀の英国

軍艦ブレザー号で制服として着用された

ダブルブレストのネイビブルーのブレザーにさかのぼ

伝統と規律を重んじる色として確立された

信頼感を与える色として認識されている

乱れた風潮の中 無意識にこの色を選んでいるような気もするけどね


じゃあ グレーはどうなの?

ネイビーに対してグレーは英国王室など

地位の高い人に好まれる色で

高貴なオーラが漂ってくる

貫禄落ち着きのある雰囲気が魅力だ

若輩が起用すると どこか威厳を演出しているようで

違和感を感じたりする


ところで ブラウンはどうなの?

田園地帯に所領を持つ中世以来の貴族

つまり カントリージェントルマン が狩りや乗馬をして

暮らす際に身に着けていた色なんだ

素材もツィードなんかが主流だ

格式ある場でブラウンを着用していると場違いに見られることも

あるけれど その反面 世俗を離れた大学教授とか学者や

芸術家たちから支持されてきた 知的なイメージを宿す色でもある

IMG_2427.jpg

日本のファッションのように激しい移り変わりは無いけれど

フランスでは比較的 定番的に愛されるカラーなんだよ


                                     ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1773-837e1c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)