宇宙は常に4次元的関係が存在して 5次元と4次元が常に

僕らの地球のある3次元と呼ばれる宇宙と重なっている

実際は地球の宇宙自体は5次元宇宙っていえる 

5次元宇宙論は複数の科学者が理論を公表している

地球は4次元宇宙の時空の概念が 一種の既成事実であり

時が4つめの要素と呼ばれるのには 時の概念は素粒子のスピンであり

このスピンの観点は 別の高次元宇宙の重合により

4次元関係の素粒子の動きを決定されている


スピンネットワークは 時空の一部では重要な理論で

「スピンネットワークを操作することができた場合

理論上 時間・空間が作れることになる」のwiki記載の通り

操作と空間を作成する技術は「超越宇宙生命」の技術で

すでに管理が可能らしい

また ループ量子重量論は

「人に宇宙人が脳への情報を与え 論述させている」

この理論が完成に近づくと 宇宙に多層状態で地球の一部と連結し

それが多層状態で 相互干渉する 多次元且つ多層宇宙であるって

理論上で把握可能だ

「宇宙人の情報によると」

位置情報としての素粒子の連結の情報は 人類にすでに 

運命がシミュレーションされている結果に基づき

西暦4000年前後で 人類は一度宇宙の星々の運動により

地球環境が変動し 現代の人種は滅びる可能性があるらしい


つまり 時空の概念は 時を決定する高次元宇宙に仕組まれていて

高次の時空宇宙の存在によって この地球宇宙の素粒子の動き

(スピン・回転軸の動き)が決定づけられている

これは 宇宙によって素粒子のスピンが同一ではなく 

この時空の宇宙の重合により 物理法則の基準となる素粒子の動き

(スピンと呼ばれる要素の運動・回転力)が決定されていて

そのために 4次元の要素は時・時空の概念で考えられている

高次宇宙では 素粒子のスピンの動きが大きく異なる場合があって

それにより 宇宙毎に時間の流れが異なるだけではなく 

宇宙の素粒子の法則自体も様々らしい

重力の非常に大きい宇宙にも 宇宙人の拠点があって

中では重力が200倍以上にも関わらず 時の速さは

地球比で2倍~30倍以上になる時間軸の宇宙もあるんだ

宇宙人の複数拠点の中で時空の速度が速い宇宙では

地球比での時間の比較にして 地球の1時間で十年以上の程度の時間になる宇宙があって

さらに超高度コンピュータの頭脳を持つ機械生命の計算技術を考えると

技術開発は 人の数万倍以上の時間比で技術革新が可能な技術だ


※頭脳自体がコンピュータ化していて 人類より遥かに速い速度で

計算 思考 シミュレーションなどが可能となっている

もう 想像も及びませんね!                                      ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1768-5168b9f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)