IMG_2305.jpg

最近の秋冬の着熟しって 背広ジャケットが無い

日本では業種にもよるけれど昔のようにそれほど背広ジャケット

重きは置かれない

それと温暖化によってコットン素材が台頭していて

ウール素材がないがしろにされている

春ならトロピカルとかポプリンとか

皺になりにくいし 吸水発散性に富んでいるのに

コットンに比べて価格差も在るんだろうけれど 優れた素材だ

しかし 高速で織れる無地に比べて 職人技が必要な柄を織り上げる織機を

使いこなせる人も高齢化で少ない

イタリアとくらべて最近のエコミック日本はこだわりがない

繋ぐもの 支持するものが居なくなれば 歴史なんて直ぐに廃れる

無知なデザイナーには引っ込んでいて もらいたいもんだ



                                     ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1719-8f2232ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)