STOP FASCISM


政治課題が山積みなのに 改憲なんて言う

何の必要性もない課題を最優先させて

海外の論調は

日本はそんなことしているがあるの?

って言われている


天皇退位のご意向によって 改憲の動きは少し先送りになると思うけれど

政治っていうのは価値の権威的配分

社会の稀少資源つまり財貨やサービスを分配することだ

その為には 正当性が無いといけない

正当性が在るためには 優先順位をつけないといけないのに

今の日本は優先順位が間違っている

護憲派と改憲派が真っ二つに引き裂かれたら大変なことになる

ある時期までは 大統領制っていうか人民投票的なものは

正しいんじゃないかって思っていて

議院内閣制が手詰まりなら 直接制もいいんじゃないかって

でも 英国を見ていて国民投票っていう

イエスかノーかを問う一回限りの民意の表明で

国の運命や憲法のような根本規範を変えたりするのは

いかに危ういかがわかった

改正する草案もほとんど国民が読まないまま

たぶん[お任せ]か [嫌]かの どっちかになると思う

それは喝采型の民主主義になっていて

ヒトラーの授権の時も 人民投票っていうのは

喝采でいいってワーッって一同喝采をあげれば

[これで全部委任されました]

そんなパターンの伝達をメディアもやっているような気がする

今の日本のメディアは本当にダメ

金や出世とか言う俗事と報道の自由を引き換えにしてる

ここまで醜悪なメディアは世界ジャーナリズム史上初めてだ!

安倍政権は[言論の弾圧]っていうほど明確な政治的意図が

在るわけじゃないけれど

ただ 強く同質化を求められている

上の指示が ただちに末端までゆきわたる

多様性のない社会が理想だって信じている人が

安倍政権を支持している






                                     ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1711-27690593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)