陛下退位の理由として挙げられたのは

体力的にその責務を果たしきれない って言うことだ

責務とは何か?


宮中の祭祀や海外からの来賓の歓迎祝宴も

随分減らされたそうです

近年の天皇皇后陛下の旅程を見ればあきらかだけれど

被災者の訪問と戦没者の慰霊だ

これを全うできないから退位したいって言うことは

暗に天皇の本務とは

傷つき苦しむ国民を慰藉いしゃ[なぐさめいたわる]すること

敵も味方も含めて 先の大戦の戦没者たちの霊を弔うこと

の2点だって陛下の信念を語っている

震災や戦争の被害者だけでなく 今も痛み病み苦しむすべての

同胞の安寧あんねい[安泰・平和]を祈るっていうのが 天皇の責務であり

これは他の誰によっても代替できない

このことについては国民的な合意が存在する

それはすべての死者たちを政治的文脈から開放するっていうことだ

だから 天皇はパラオには行くが靖国には行かない

党派的意図によって 戦犯合祀を行ったせいで 天皇は靖国に行けない

ようになった

その時の 昭和天皇の怒りについては 宮内庁長官のメモが

後に伝えられている

慰霊っていう営みを生臭い 政治的文脈に載せたということを咎めたんだ




GQ JAPAN [the professor speaks] 出典





                                     ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1704-a94b347c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)