純粋な欲求に従って行動している人って

苦しみを感じないんだと思うな

そこには他との比較判断がないからね


僕らは 特定の価値観を握る 

まず握るところから始まるんだ


一つの価値観を受け入れると その考え方に基づいた体験が始まって

その中で良い体験による悦びと 悪い体験による苦しみの両方を学びます

この両極を体験しつくすと その学びが終わるんだ


人は良い体験ばかりを求めるから まずプラスの体験をして 

苦しみの体験が最後に残るのが常のようだけど

苦しくて苦しくて どうにもならなくなったとき

「もういいや」って意識がニュートラル(中立)へとシフト(移行)する事によって

その価値観を卒業するらしい



たぶん人生はその繰り返しだと思う



何かを握り そして手放して また違う価値観を握りしめてって・・・


自我ってのは 沢山の思い込み が集まって できた人格だと思う


                                     ありがとね♪






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://plus1957.blog22.fc2.com/tb.php/1529-d7362267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)