デニムとネイビーのハーモニー融合


お外は 熱波

でも ファションのはもうそこまで

やって来ている

denimu002.jpg




                                     ありがとね♪






メガネ


アメリカの3大オプティカルメーカーの一つとして

長い歴史を誇るアメリカンオプティカル

普遍的なウェリントン

ヴィンテージAOsafety F9800 Z87-2

IMG_3863.jpg

古き良き時代の眼鏡も良いんだけれど

ひとつ落とし穴が!

僕なんか鼻ぺちゃがかけると まつ毛がレンズに付いたり

ずり落ちたり 大変!

まぁ 当たり前だけれど西洋人と顔の作りも違うので

要注意

ところで 僕も眼鏡を変えました♪

What to wear now7281

What to wear now7282

フォーナインズ 999.9 np-711廃盤

今までは ウルトラセブンのアイスラッガーみたいな

小ぶりのフレームがお気に入りでしたが 流石に時代の流れと言うか

What to wear now7283

What to wear now7284

フォーナインズ 999.9 np-25

ウェリントンまで丸みがないとことが気に入っています

それと独特な美しい曲線が素敵です

ヴィンテージものが好きな人も居ますが

僕はそれを踏まえた 現代的なデザインが好きで

それは洋服場合でも一緒です

それはデザイン以前のデザイナーの培った価値観ていうか

ストーリーに魅せられているからじゃないかなぁ〜

最近のウェリントンもフレーム自体が太くぽってりしています

丸顔の藤井フミヤ見たいなおっさんが この手のフレームを着用すると

本当に もっさりした感じになります

What to wear now7285


僕はもう少しエッジが効いた繊細なシャープさを求めます

それとエレガントさね

メガネは顔の一部って言うけれど

メガネに支配されては行けないと思うんだ

メガネはあくまで アイテムのひとつ

それに頼り切るのってどう?

洋服も 最後は個性でしょ

個性を消してしまうメガネは要らないってことさ

つまりファッションにおいて 感性の衰えが始まっているってことなんだ!








                                     ありがとね♪








ファッショニスタ


ファッショニスタっていうのは 

流行の最前線でいたい人って言う意味

ヤフオクを見てもメルカリをチェックしてもゾゾユーズドも

ろくなアイテムがありません

こんな時 ファッショニスタはを向いています

そう 物にフォーカスしているんです


IMG_3960.jpg




                                     ありがとね♪








テクスチャー【texture】


テクスチャーっていうのは織物の織り方のこと

それから素材の手触りとか質感

そこから最近 料理における感触 つまり食感を

テクスチャーって表現する

ところでファッションをこよなく愛する人は

人と同じことを嫌う

例えば 夏場になると当たり前のTシャツ

これを布帛で着たい

布帛っていうのはこの場合 シャツ生地のこと

Tシャツの素材はカットソー つまり伸び縮みするから

頭からかぶっても 着るとキレイにフィットする

ところがシャツ生地だと 伸びないから頭が入らない

そこで対処としては バックに目立たない

コンシールファスナーをつける


要は レディースのワンピースだと思えばいい

ちょっと見 Tシャツだけど そのテクスチャーのギャップ

見る人が見れば 最高のオシャレに感じる


plus726_1.jpg

plus726_2.jpg

plus726_3.jpg


まぁ 襟はないけど かぶりのシャツだから

プルオーバーってことになるね♪





                                     ありがとね♪








色を学ぶ

Kolorって言うブランドの一昔前のコレクション

kolor_mens_2012ss_03.jpg

kolor_mens_2012ss_04.jpg

kolor_mens_2012ss_10.jpg

kolor_mens_2012ss_14.jpg

kolor_mens_2012ss_11.jpg


もちろん テクスチャーもコンセプトも素晴らしいんだけれど

名前の通り 色をみごとに差し込んでいます

一見曖昧にもみえる色

実はこのニュアンスは フレンチシックのColorだ

ありきたりな流行色でなく 自分らしい色を見極める

曖昧な色も 味方につけてコーディネートにも

深さを増す

これが真髄ですね♪




                                     ありがとね♪