サンダースが大統領になったら

[日本は何を望んでいるか]っていうのは

自分のことなので 実はよくわからない

でも[アメリカは何を望んでいるか]はそれよりずっとわかりやすい

だから アメリカの国益に妄想的に一体化すると

なんだか自分が合理的で整合的に思考してるように思えてしまう


アメリカ自体は 大統領選を見てもわかるように

五里霧中 視界真っ暗だ!

さすがにトランプが勝ち上がって大統領になることはないと思うけど

ヒラリーはウォール街と結びつき[献金とか]が深いから

米国社会はね ウォール街とつながった少数のパワーエリートが支配していて

大多数の米国人が政治から排除されている現状に嫌気がさしちゃって

エスタブリッシュメント(=支配階級)への怒りが溜まりに溜まっっちゃっているんだよ

ポリティカル・レボリューション政治革命を掲げる[社会主義者]の

サンダースが急追して 抜き去る可能はゼロじゃない!


昔は社会主義っていうと マッカーシズムが吹き荒れた時代に刷り込まれた

[アカ 怖い]っていう左翼アレルギーがあったけれども

冷戦が終わってもう25年だ

25歳以下の人たちは東西冷戦そのものを知らない

そうすると 金融資本主義に対してもうちょっとヒューマンなものが

対抗軸としてないの?っていうと[あるよ 社会主義が]って言う事になる


昨年のスコットランド独立運動も 反原発や大学無償化など

基本的には社会民主主義的なものだった

スペインのポデモスも社会主義的な政策を掲げて議会選挙で一気に躍進した

イギリスの労働党の党首ジェレミー・コービンも

カナダのジャスティス・トルドー首相も左翼的な政策を掲げて躍り出てきた


世界中で新自由主義に対する嫌悪感格差拡大に対する怒りが若い人たち

中心に新しい政治的潮流を生み出している

サンダースが米国大統領になって社会主義的な政策を打ち出してきたら

日本の[リアリスト]たちはどうやって自分たちのこれまでも主張と

不整合を言い繕う気だろう?


おわり


                                     ありがとね♪








でも 今 地方に移住する若者たちが増えている

農村共同体を再構築したり 伝統的な芸能や祭祀を

継承したり グローバル資本主義とはまるで反対の方向に

行っているんだけれども そういう人たちはとっても元気


誰かの判断に追随して出世したり

金を儲けたりすることより

自分の直感に従って 自分の判断を信じて生きている

彼らは 足裏から大地を全身で受け入れてる

こっちのほうが伝統的で正統な生き方だっていうことを

ココロの深いところで確信している


一方 アメリカと自我が一体化している人たちが

住んでいるのは[バーチャルな世界]だ


だってさ アメリカと自我を一体化させても

アメリカは日本人のせこい自我になんか何の用もないわけだ


アメリカ国益最大化主義者たちは はなっからハシゴのない

2階に上がっていて 日本社会を睥睨へいげい[周囲をにらみまわす]してるつもりになっている

そういうのが 現代の指導層の大半だ!

でも [アメリカは日本をこう見ている]っていうのは

本当は自分が忖度そんたくしているだけなんだ


アメリカの[真意]は誰にもわからない(アメリカ自身だってわからない)

ただ メディアが[アメリカはこういうことを望んでいるらしい]っていう情報を

真偽取り混ぜて報道しているので それを自分で適当に取捨選択して

[宗主国の本意]なるものを脳内で作り上げているだけなんだ

悪いけど それ 本人の妄想だ!


[アメリカがそうだったらいいな]っていう主観的願望を

[アメリカは日本にこうすることを望んでいる]っていう客観的記述に

書き直して語っているだけなんだよ



つづく                                      ありがとね♪









アメリカの許しを得ないで日中共同声明を発表したことで

失脚した田中角栄以来 対米自立 対米独立を口にした政治家は

レッドカードが出されます


小沢一郎も鳩山由紀夫も それで切られました

どんなに日本人にとって利益のある政策をかかげても

[それはアメリカの利益にはならないよ]って疑われた政治家は

寄ってたかって引きずり降ろされる


でもね アベの場合はその

政策は全部失敗しているし 有権者には不評だけれど

アメリカはアベが長期政権であることを望んでいる[らしい]

ッて言うことをメディアは繰り返し国民に刷り込んでいる


だから 個別な政策は反対だけど アメリカがいい って言うなら

いいんじゃないの?

って思考停止する有権者がいる

居るどころじゃなくて 過半数に近い

これが[属国民マインド]だ

自分自身の判断よりも宗主国政の判断を優先しているんだからね!


安保法制にしたって[法案の適否はよくわからないけれど

アメリカがやれ って言うなら やるしかないでしょ]

っていう思考停止をしているしている人たちがいる


不思議なのはね  彼らが自分のことを[リアリスト]だって

思い込んでいるっていうこと


自分の判断より アメリカの判断の方を優先させる態度を

[現実的]だって思っている

だから [戦争法案反対]っていう主張に

[お前ら 世間つうものをまるでわかってねぇな]ってせせら笑う

[自分の好き嫌いでモノを言っちゃいけないよ〜

アメリカがどう考えるか それを忖度そんたく][他人の気持ちを推しはかる]するのが 大人の生き方なんだぜ〜]って

これがいわゆる [グローバル人材]ってやつだ!

こういうのを大量生産するっていうことを四半世紀ほどやってみたら

[こんな人達とこんな国]が出来上がりました!

そういうことだよ


グローバルな人材ってのは 平たく言えば アメリカの国益最大化を

我が喜びとするような 倒錯した日本人のことだ

確かに その方が[日本の国益最大化を我が喜びとする]より

出世が早い

日本の山河とか 生活文化とか 宗教とか 祭祀とか

伝統的な芸能とかに深い親しみを持って

そういうものを[大切にしよう]って訴えても

出世にも金儲けにも結びつかないんだから!

って一笑される




つづく



GQ JAPAN extraction



                                     ありがとね♪








新聞で言う 内閣支持率っていうのは 

実は僕ら有権者が自分で決めているんじゃなくて

新聞報道は アメリカからの評価を以って自分の判断に変えているんだ

だいぶ前にも投稿したことがあるんだけれど

日本はアメリカの属国で 総理大臣は[属国の代官]だ

代官が代官で在り続ける為の条件っていうのは

宗主国の政府から信任されていること

それだけだ


アベの場合 政策には多くの有権者は懐疑的だけれど

米国からの信任については 特に異論は出されていない


まぁ あんだけ対米追随していればホワイトハウスだって

文句は言わんでしょうが


ホワイトハウスがいいって言うなら アベでいいんじゃないの]

っていうのが50%近い支持率の実態だ


たとえ鳩山が在任中に掲げた政策について

たぶん殆どの有権者が[評価する]って答えたはずだ

でも 普天間基地の移設に関して[できたら国外]って

要求したことについて[アメリカが怒っているらしいって]

っていう噂が流れると 官僚もメディアも一斉に[辞めさせろ]って言い出す

いきなり不支持に転じた理由は

[アメリカが日本の為政者をどう評価するか]を

政権への賛否の基準にしているからだ


なぜそうなるか?


今の日本人は[株式会社の従業員マインド]が骨の髄まで染み込んでいる

サラリーマンはCEO最高経営責任者の立てる経営方針への賛否を

自分の意見として述べるということをしない

言うのはせいぜい

[そんなことをしているとマーケットにそっぽを向かれるぞ]

って言うことまでだ

[マーケットがどう評価しようと 僕はこの経営方針には賛成する

(あるいは反対する)というようなことをサラリーマンは言わない]

言っても誰も相手にしてくれないし

それは[マーケットは間違えない]っていう事がサラリーマンたちの

不動の信仰箇条だからだ


トップが掲げる経営方針の適否を決めるのは[マーケット]であって

[従業員]ではない

そういう信憑が深く内面化している

その信憑を政治過程にも適用する


日本にとっての[マーケット]はアメリカだ

アメリカが[いい]って言えば 従業員(日本の有権者たち)は

もう 口をつぐむしか無い

[アメリカは間違えない]っていう信憑を持たない人は

今の日本社会では[お門違い]だからだ

現に 日本の与党政治家にも官僚にも

[アメリカがなんて言おうが 俺はこう思う]って言うような

気概のある断定をする人は 見事に一人も居ない


つづく



GQ JAPAN extraction






                                     ありがとね♪








政治の世界じゃ人をあざむいたり

裏切ったり ずる賢く立ちまわったり っていうのはあるけど

それは 政治家同士の権力争いで 行われること

政策決定が国民の生活なり 人生設計に影響がある場面で

そういうズルをやっちゃいけない


安保法制の国会審議 採決のやり方は本当に姑息なやり方だ


アベを表現する時 2つのムチに集約できる

一つは無知 もう一つは無恥



無知について言うと 彼はまず歴史を知らない

戦後の日本が築いてきた歴史を踏まえていない

ある政策を決定する場面で 現代に至るまでの

過去の政権がどういう議論と決定をしてきたか

そのプロセスがを知ることが非常に重要なんだけど

アベはそういう過去世代のリスペクトが全く無い


過去の政権決定過程なんかを無視して 独善的な政権運営をしてる



もう一つのアベの無恥は ずる賢さ

立憲主義っていうのは 最高規範が権力を縛る

っていうが基本的な考えだ

憲法が政策決定に影響をあたえるのは当然のことだ

でも アベは自分の考えに同意する人物を登用し

反対する人はクビにしてしまう

つまり奴さんのやり方っていうのは

法による支配じゃなくて人による支配なんだ

封建時代かどっかの国と一緒でしょ?

現在 政策の違憲性について指摘するのは最高裁判所と

内閣法制局だ

彼はこれまで集団的自衛権について違憲だって唱えていた

内閣法制局長官をクビにして 自分に都合のいい人物を据えた

内閣法制局長官が解釈すれば それが法だから

形としては法の支配だ

でも裏を返せば 実際には人の支配だよね

これまでの歴代の内閣は これだけはやってこなかった

人事に手を付けて自分の都合のいい解釈を引っ張りだして

後のことは考えない

実に危険な考え方で 無恥としか言いようが無い

選んでいるのもまた無知な国民なんだけどね

Agree.gif


                                     ありがとね♪