ぷりゅすの休日 | だいじょうぶ。よくないことはすぐ終わるから。

3 神話 

ちいさな魂と太陽 3  the little soul and the sun


「いないんだよ!」



神さまはくりかえしました



「わたしが創ったものは、すべてが完璧だ  わたしが創造した魂はみんな

きみと同じように完璧なんだよ 見まわしてごらん」


そういわれて ちいさな魂は

大勢の魂にとりかこまれているのに気づきました



ちいさな魂が神さまと『ふつうではない対話』をしている

そうきいた魂たちは どんなことを話しているのか知りたくて

はるばる遠くから それも神さまの王国のあらゆる所から やってきたのです


無数の魂たちが集まっているのを見て

ちいさな魂も、うなずかずにはいられませんでした

どの魂もそれぞれに素晴らしく みごとで  ちいさな魂とおなじように完璧でした


そんな素晴らしい光の魂たちが集まっているのですから

それはそれは明るくて 目もくらむばかりでした


「ほらね 誰を『ゆるし』たらいいだろう?」


神さまはいいました


「そんなの困りますよ!」


ちいさな魂は不満でした



「ぼくは『ゆるす』という特別を体験したかったのに

それがどんな感じか、知りたかったのに」



そのとき ちいさな魂は  これが『悲しみ』というものなのかな と思いました



すると 集まった魂たちのなかから 『友情あふれる魂』が 進み出ました


「心配しなくていいわ ちいさな魂さん」


友情あふれる魂はいいました


「わたしが助けてあげる」


「きみが?」


ちいさな魂は、ぱっと顔をかがやかせました


「でも、きみになにができるかなあ?」



「なにか あなたに『ゆるされる』ことをしてあげるわ」


「そんなことできるの?」


「できますとも!」


友情あふれる魂は、明るい声で叫びました




「次の人生であなたと出会って  何かあなたに『ゆるされる』ことをすればいいのよ」


「でもどうして? どうして そんなことをしてくれるの?」


ちいさな魂はたずねました。


「だってきみはそんなに完璧な存在なのに!

きみの振動がとっても速くて、明るく輝いているので まぶしくて見ていられないくらいだよ!


それなにに、その振動を遅くして 明るい光を重たい闇にかえてしまうなんて

どうして そんなことをしようと思うの?


きみは星のあいだで かるがると踊り  神さまの王国を 思考とおなじ速さで飛びまわっている

そのきみが つぎの人生で僕と出会い 重くなって悪いことをしてくれるなんて どうして?」


「かんたんだわ」


友情あふれる魂は答えました



「あなたを愛しているから」



ちいさな魂はそれをきいて びっくりぎょうてんしたようでした


「そんなに驚かなくてもいいのに」


友情あふれる魂はいいました


「あなただって、おなじことをしてくれたのよ 忘れた?

わたしたちは何度もなんども いっしょに踊ったじゃないの

永劫のときをこえ あらゆる時代をこえて わたしたちはいっしょに踊ったわ


あらゆる時、あらゆる場所で 一緒に遊んだわ

                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback

2 神話 

ちいさな魂と太陽 2  the little soul and the sun


littlesoul1.jpg




すると神さまは微笑んでいいました


「もう考えたよ 光のなかにいたのでは 自分が光だってことを感じられないから

きみを闇でつつんであげよう」


「闇ってなんですか?」


ちいさな魂はたずねました。


「闇とはきみでないものだよ」


神さまはいいました


「闇ってこわいのかな?」


ちいさな魂はつぶやきました


「こわがろうと思えばね」


神さまは答えました


「ほんとうは、こわいものなんか、何もないんだ  こわいかどうかは自分で決めるんだ

だって なにもかも自分でつくりだしているんだからね  ごっこ遊びのようなものさ」


「そうなのか」


ちいさな魂は少し安心しました  それから神さまは くわしく説明してくれました


何かを体験しようと思ったら


その反対のことが起こらないといけないのです


「それはすばらしい贈りものなんだよ」


神さまはいいました


「だって反対のことがなければ 何もわかりはしないのだからね

寒さがなければ暖かさもない  上らなければ 下ることはできない

遅いってことがなければ、速いということもない

右がなければ、左もない

あそこがなければ ここもない

あのときがなければ、今もないんだよ

だから闇につつまれても

拳をふりまわしたり 大声でさけんだり 

闇を呪ったりしなくていいんだ 

それよりも 闇に対する光でありなさい


腹をたてたりしないこと


そうすれば ほんとうの自分がわかるし  ほかの人たちにも 本当のきみが伝わるよ

光り輝いて  みんなに きみは特別なんだってことを知らせてやりなさい!」


「ぼくは特別なんだ、っていってもいいんですか?」


ちいさな魂はききかえしました


「いいとも!」


神さまは笑いました

                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback

1 神話 



ちいさな魂と太陽  the little soul and the sun

littlesoulco.jpg




昔々 まだ時というものがなかったころ 『ちいさな魂』が神さまに言いました

「僕が誰だか わかりましたよ!」


神さまは答えました

「それは素晴らしいね! で、きみは誰なの?」

ちいさな魂は 力いっぱい叫びました


「ぼくは光なんです!」

神さまもニッコリして 大きな声で答えました

「そのとおりだ!きみは光だよ」


ちいさな魂は とっても幸せでした

だって 神さまの王国にいる魂のすべてが 知りたがっていたことを知ったのですから


「わーい 僕たちって、なんてすてきなんだろう!」


ところが しばらくするとそれだけでは満足できなくなりました

ちいさな魂は なんだかムズムズしてきたのです 

そして 自分自身を体験したくなりました


そこで ちいさな魂は また神さまのところへ戻って こういいました

「ねえ 神さま!僕 自分が誰だかわかったから

こんどは自分を体験したいな   いいですか?」


神さまは答えました


「おやおや、きみはもう きみ自身なのに それを体験したいというのかな?」


「そうなんです」 と ちいさな魂は答えました


「自分がだれだか知っていることと 自分自身を体験することとは、ちがいますよね

僕 自分が光だっていうのはどんな感じなのか 体験してみたいんです」


「だが きみはもう光なんだよ」


神さまはまた 微笑みました


「ええ、知ってます

でも 光であるってどんな感じがするのか 知りたいんですよ!」


ちいさな魂は大きな声でいいました


「そうかそうか」


神さまはクスクス笑っていいました


「それも無理はないね きみには冒険心があふれている」


それから 神さまはちょっとむずかしい表情になりました


「ただし、ひとつだけ困ったことがあるのだが・・・」

                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。