171What to wear now



plus423ko-to.jpg


年寄りの作り上げたストーリーは素晴らしい

でも 年寄りのルールに縛られる必要はない

ファッションはクリエティブだ

もちろん君の魂は いつもでも自由だ


170What to wear now



染井吉野の寿命は60年位らしい

そこに持ってきて外来の害虫が増えて

益々 減少しているらしい

桜の種類は数あれど その艶やかさと

繊細さと散り際の潔さが日本人には

心打たれる人が多いんじゃないだろうか?

あの風に散りゆく桜吹雪も切なく美しい

もうすぐ待ちに待った連休ですが

激しすぎる三寒四温に体もファッションも ついいて行けません


plus_ pari Style_3

桜の余韻を楽しんでいるようなコーデですね


plus_ pari Style_2


サラリとしたサマーウールのパンツにTシャツイン

plus_ pari Style_1


白場の多いパジャマストライプがとても爽やかですね

浅めのジェットキャップが 今の雰囲気です

plus_ pari Style_4

一見 スプリングコート風ですが シャツワンピです

抑えめなカラーリングでも存在感を感じさせてくれますね♪








169What to wear now



その人らしさが一番伝わってくるアイテムでもあります

ワンピース

plus_ evi style_5


plus_ evi style_4


IMG_4672.jpg


plus_ evi style_2


plus_ evi style_1

春に欠かせないアイテムですよ

表紙がらみですスナップの少なかった海老ちゃんが

久々 ポージングの多い巻きです

ミニマムでありながら 奥の深いバリエーション


自分のプロポーションを律する人だけが 着こなせる

ゴールデン アイテムです



168What to wear now



お家芸


COMME des GARCONS HOMME PLUS

のジャケットです

ジャケットを裏返して着用しています


IMG_4592.png


通常 裏地っていうのは滑りやすいことで

着たり脱いだりの動きをスムーズにしたり

汗や湿気の吸湿や放湿とか静電気を防ぐ なんて役割がある

袖裏は確かにキュプラなんだけれど

肩パッド兼用の肩増し芯かな?

それで この派手なのが胸増し芯の延長であり背裏に

相当する部分がオリジナルですね

まぁ昔の商人や町人が表地は質素に見せて 裏地に凝るみたいなことの

パロディなんだろうね

毎回 やってくれますな!

それにしても めっちゃ高そう・・・




167 What to wear now



空気感の構築


次のブランドはCOMOLIっていう

2011年スタートのブランドで

しっかりしたコンセプトを持っています

全ての洋服の原型は欧米から生まれ 

ある目的の為に作られた物である


っていう考えの基

「今の 日本の気候に合う 日本人の体型に合った

上質でシンプルな日常着を展開する」


服作りにおいて一番大事にしていることは

着ている人と服の間にある空気感」とある


僕から見ても タイトなスニキーデニムをいまだにメイン穿きする輩や

大雑把なコンセプトと体型によるサイズ展開のないファストファッションには

明るい未来は無いと感じていたから

どの辺でゆったりした 真にリラックスできる服を

登場させることが出来きて 上手に提案できたかを ある意味 待っていたわけだ


大人イコール肥満 つまりゆったりと思われているけれど

バブル時期と今ではそのプロポーションや

カッテイングの感性や価値観が違ってきています


もちろんパターンの圧倒的な技術向上によって多少は

肥満な体系はカバーできますが・・・


plus_ comoli style_4


これは2015SS年のコレクションのスナップです

カットソー かハイゲージのニットか判別がつきかねますが

かなり意識的に肩先を落としています

アームホールも太く 袖先までゆったりしています

しかしバストは極端に広くはありません

パンツはやや股上が深いですがシルエットは まだ細めです 


plus_ comoli style_3


2015FW年くらいのスナップですかね

ますます肩先が落ちています

いわゆるドロップショルダーです

アームホールの太く 袖先まで太いです

バストもかなりゆったり目で 裾にかけてやや広がっているように

感じられます

パンツも腰回りがゆったりで 渡り 膝 裾まで

たっぷりしたシルエットです


plus_ comoli style_2


2017SS年スナップ

肩は相変わらずドロップショルダーですが

アームホールは太いまま 袖が細くなっています

またウエストもやや絞り気味

裾口はブラウジングができるようにやや強めのリブが

ボックスシルエットではなくXラインですね

パンツは共地のベルトで絞れるようです

裾口巾も太めで迷いがありません


plus_ comoli style_1


2017SS年スナップ

同時期のコレクションで トップスをパンツにインしています

パンツの股上はゆうに30cmはありますね

渡りもたっぷりです

このように同じブランドの中でも 試行錯誤があって

初めて今の時代の空気感を演出できるのです

素晴らしいと思いますね