ぷりゅすの休日

新興国でお下りが迷惑がられている



古着リサイクルシステムはすでに崩壊していた

新興国でお下りが迷惑がられている

ファストファッションが台頭し

僕らの服を買い換えるサイクルは早くなった

その一方で 今まで先進国が古着を送っていた

新興国で 使い古した布は 見向きもされなくなってきているという

この変化に一番敏感なのは

インドのパニパットで古着を毛糸やブランケットに

リサイクルする おおよそ200社の企業だ

主に作られているのは 中古の毛糸製品から作られる

ショディという布で 生産量の大半は 災害救助時に使用する

ブランケットの材料となっていた

ビジネスとしては順調で 2010年代前半は緊急ブランケット市場の

約9割を占めていた

でも2000年前半から中国資本が参入し パニパット工場よりも

何倍もの数のブランケットを製造できる最新鋭の機械を取り入れ

色のバリエーションも増やした

新品のフリースが定価2ドル50セントで

リサイクル品のブランケットが2ドルで売られている

その差はわずか

次から次へとやってくる古着の洪水に対処できないだろう

服の製造量は世界中で倍増した

古着の数が増えているにも関わらず それを受け止める市場が

縮小しているのだ

例は悪いけれど 災害復興の過程で必要なものは

その進捗により変わってくる

衣食住が足りてきた新興国も選べない寄付によるお下りより

ファストファッションによる価格の低下で自分好みの

着こなしを楽しむようにステージが変化してきている

アパレル産業は飛行機や海洋船舶よりも

無駄な服の焼却により 温室効果ガスを多く排出している

リサイクル産業が崩壊すればその量はさらに増える

長期的に見れば 大切なのは消費者の意識を

安さ から 質 に戻し きちんとその費用をもらうことが重要だ

今は新しい時代を織り上げていくしかないのだから





人の印象



いつもはお洒落に決めている人が

たまたまちょっとダサいもの着ていたとしましょう

すると他人は いつもお洒落という印象よりも

なーんだ意外とダサいのね っていう印象の方が

100倍くらい強く焼き付いてしまうのです

たった一度でもです

そんなリスクを冒してまで 毎日違う格好にこだわるのに

なんの意味があるんでしょう?

それなら 自分によく似合う服を週に2・3度着ている方が

はるかによく見えるというもの

誰かの心の中で減点されることもなくて

いつも素敵な人という印象をキープできます

IMG_5039.png





服を増すと お洒落度が下がる



プロではない僕らは

いつも同じ服だと恥ずかしい

とか

もっとバリエーションを増やさなくちゃ

とか

知らず知らずに自分にプレッシャーをかけている

毎日違う格好をしなければ っていう思い込みの

最も悪いところはコーデのバリエーションを増やそうとするあまり

微妙な服をワードローブに混ぜてしまうことですね

セールで安いからって適当に買ったり

とんでもなく古いもの取っておいたり

それでも 同じものを繰り返し着るよりはマシかな って思って

ところが こういう

つい混ぜてしまう イマイチな服 こそ

お洒落度を大きく下げている 犯人 なのです

plus_rst_716.jpg



バリエーションの呪い



セレブやファッションブロガー等

世の中には ファッショニスタと呼ばれる人がいます

それから ファション雑誌を開くと1ヶ月コーデ特集とか

色々なファッションを着こなす企画が定番ですね

さらに インスタグラムで1日のうちに何パターンも着替えたりと


こういう傾向は 実は日本に住む多数の女性や

ファッションに関心のある僕らにかけられた

バリエーションっていう呪いなんです

バリエーションの呪いにかかった人たちは

毎日違うカッコをしなければいけない なんて理不尽な思い込みを育てます

君もバリエーションを保つために沢山の洋服を持ちなさいっって

人っていうのは厄介なものんで 人から強要されると抵抗するんだけれど

興味のある思想に自ら進んで浸水してゆくと 中々抜けられない

ファッション雑誌を購入し 紙面の特集に踊らされると

もう後戻りもできなくなくなります

まるで 一度言い出したことをやめない 官僚や役所のようです

自分がマインドコントロールされていることなんて

気づきもしない

ファッションは具現化しても 特に人に迷惑かける訳ではないからね

でもね セレブやインスタグラマーはお洒落を職業としているプロです

僕らの生活で毎日パーティーとか 一日何回も着替えることなんて

ほとんどありえないでしょ?

SNSで いいね いっぱい貰ってもTポイントや楽天スーパーポイントと

交換できる訳じゃない


つまりね セレブの情報や雑誌の提案ていうのは 幻想 に近いってこと

たまたまイケてるコーデをネットにアップしているけれど

毎回レベルを落とさずに違うコーデを見せ続けるなんてありえません

幻想を見るのではなく 現実を見ましょう

バリエーションを増やそうという思いが

実は ダサい人になってしまうんです

plus_st_713.jpg


おしゃれな人ほど 少ない服で生きている



先日 久々にブックオフに来店

そんな中 大御所のスタイリストによる

ファッションの極意本を見つけた

服を 買うなら 捨てなさい

面白そうなタイトルなので帰宅後 一気に読破

自分の経験も絡めて 少しずつお話ししていきましょうね


僕も職業柄 アパレルを辞めた後 数年間は6畳間ゆうに埋まる位の

洋服を持て余していた

着用はしないけれどデザインのネタになる服とか

サイズは合わないけれど テキスタイルが素晴らしい服とか 

新しい服を作るための資料的なモノも多かった

断捨離ブームもあってけっっこう捨てたけれど

それでも混沌としていた


経済としてはどんな服が売れるか 分かっていたけれど

自分にとって 本当に必要な服と どうでもいい服の

見極めが付いていなかったんだね

厳選されたワードローブっていうのは どれも自分をアゲてくれる

それをいかに削ぎ落とすかで おしゃれも格段にブラッシュアップされます

次回よりその極意について考えていきましょう





♯ファッションの極意