ぷりゅすの休日 | だいじょうぶ。よくないことはすぐ終わるから。

3 僕は西洋はもっと成熟したとこだと思っていた

グローバリズムの崩壊の危機


当時の日本は

百万石の大藩もあるし 五千石の小藩もある

でもそこは同格の国だった

小さくても領主が居て 家老が居て武芸指南役がいて

藩校があって 能や茶の宗匠もいた

一国の統治者っていう意識を持って

政治に関わって居た人が同時に三百人いた

幕末に 四賢侯って呼ばれる藩主達が居て

四人共すぐに将軍に代わって日本を統治できるだけの

実力見識があった

だからこそ 明治維新後に短期間で近代化することが出来た

今の日本には コミューンや藩のようなしっかりした

自治単位がなく 権限は中央政府に集中している

だから 中央でどれほど失策が続いていても

変わる人が居ないっていう理由で30%の国民が

内閣を支持している

でも 変わる人が居ないっていうのは

制度設計が間違っているということです

統治システムの安定を配慮するなら

変わる人が次々出てきて困らないように

統治システムは設計されるべきだからです


アメリカの50州政府は連邦政府に対して

強い独立性を持っています

だから州ごとに法律が違い 税制が違い 教育制度が違う

先般 カリフォルニア州がトランプ政権に反対して

独立しようとか カナダと合弁したらどうかっていう意見さえ有りました

地方自治体っていうのは中央政府に対して強い独立性を持つべきだと思う

その国の多様性を担保して国を活性化するからだね

でも その目的は何よりも 公共に対する信認を育てることです

周りの人たちを 同胞って感じる事ができて その人たちの為だったら

身銭を切ってもいいよ って思えるような

そういう手触りの暖かい共同体はどうやったら立ち上げることが出来るのか

この問いが いまほど切実になったことはありませんね







GQ JAPAN グローバリズムの崩壊の危機よりコラージュ


                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback

2 僕は西洋はもっと成熟したとこだと思っていた



グローバリズムの崩壊の危機


自分が納めた税金をあいつらが私的に流用することは許せない

っていう言い方そのものは 

与党の政治家が生活保護受給者を罵倒するのも 

メディア森友学園・加計学園

ネポティズム[縁故主義]を批判する文脈で使う場合も

どっちも言葉遣いはおんなじ

今回は 政府も市民も どっちもが

公共を信頼し 公共に資源を託すこと

嫌がり始めた

それでも フランスの場合は 最小限の公共は制度的に担保されている

基礎自治体としてコミューンっていうのもが存在するからだ

サイズは 数十万人から 数十人まで様々だけれど

コミューンごとに市議会があって 市長がいる

なんで面積も人口もちがう行政単位なのに同格の基礎自治体に

成るかって言うと それがカトリックの教会基いているからだ

街の真ん中に教会があって その前に広場ががあって

向かいに市庁舎があるっていう作りはどのコミュニケーションにも

共通です

霊的権威と世俗的権威が向き合って拮抗している

日本の行政単位にそのような文化的支えはない

幕末になるものは国内に276ありました

これを統廃合して 明治4年に1使3府302県に再編されました

そのわずか2ヶ月後に 今度は1使3府72県に縮減され

それでも多いってことで37県にまで減らされた

明治32年にだいたい今の形に落ち着いたけれど

これは明治政府が地域をどう区分するかっていう

明確な哲学がない 官僚たちが適当に境界線を引いた

いわば 机上の空論

明治維新前の藩のほうが フランスにおけるコミューンと

成り立ちが似ている

つづく




                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback

1 僕は西洋はもっと成熟したとこだと思っていた



グローバリズムの崩壊の危機


グローバリズムっていうのは 簡単に言うと

国を超えて地球全体を一共同体としてとらえる考え方 なんだ

アメリカファーストじゃないけれど

フランスを含めたヨーロッパ全体じゃ すでに

アンチグローバリズムの流れがあります

イギリスには前からスコットランド独立の動きがあるし

ウェールズも独立を志向している

ベルギーは人口1100万人超の小国にもかかわらず

地域・言語で6つの連邦構成主体に分けられていて

地域対立があります

イタリアでは豊かなアイタリアが貧しいイタリアのために

税金を払うのは嫌だって言い出して

南北対立が深刻化している

つまり 国民国家が国民をもう適切に代表することが

できなくなってきている


お騒がせの大統領の国アメリカでも同様のことが起きている

ジョージア州フルトン郡に富裕層ばかりが住む

サンディ・スプリングスって言う街があって

そこの住民たちが自分たちの払う税金が貧困層の福祉に

使われるのは納得できないって言い出しして

群から独立することを住民投票で決めてしまったんだ

市職員を減らし その代わりに警察と消防を充実させたら

税金は安くなり 治安は良くなり 市民たちは大喜びです

でも 富裕層が独立して居なくなったのでフルトン郡の

税収は一気に減りました

その結果 学校 病院 図書館などが閉鎖され 街灯が消され

治安は悪くなり 地価は下がって 住民たちは生活に

困窮するように成りました

でも 米国内じゃ サンディ・スプリングスのケースを

なんて良い考えだ!って支持する人が多いんです

自分たちが払った税金は自分たちのために使われるべきで

貧乏人がタダ乗りすることを許さない

っていうロジックで いま30幾つかの市が独立を計画中です

そういえば これ書いてる時も スペイン カタルーニャ州 の独立宣言

何ていうニュースも飛び込んできた

大きな共同体が 利害や特性を共用する 小さな同質性の高い集団に別れる

公共っていう概念が空洞化して市民が私利私欲あからさまに追求している

何とかファーストっていうのは 資源を無計画にばらまくことじゃなくて

例えば 予算なんかを均等に分配するんじゃなくて

実績とか現状なんかから判断して 

効果的に割り当てられる量を決めることだ

今ね 国家主義的な言説が広まっているのは

実は国家が崩れかけているからだと思うよ

国の為っていって 政府が私権私益の抑制を求めてくるのは

人々が国って言う公共を信じなくなったからです

本来なら公共の場に差し出して 皆で共同管理するすべき資源を

自分の懐に抱え込んで占有しようとするようになった

つまり公共に対する信頼が失われたから

でも その原因をつくったのは 公人たちです

政治家や官僚たちが公共のためよりも私利私欲や

私的オデオロギーの実現に夢中になっているせいで

公共への信用供与を国民が控えるようになってきた


つづく


                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback

127What to wear now



なんか形式にこだわらないで 原点に立ち返るっていうか

ネット社会で育ってきた新しい世代にとっては

西洋を軸とした物の見方が古臭く感じられる時代なのかもね

服が持っている可能性っていうか

だから 作る側も当然悪いんだろうし

漫然と受け入れている僕らもいけない

今流行の服を着ているからとか モードな服を着ているからって

自分のレベルが人間的に上がるとか 世の中から認められる

なんて絶対ないよね

結局自己満足っていうか 自分がそれを着ていて楽しいとか

自分が知らない余白の部分を服を通して育てている

なんて言ったら かっこよすぎるかな?

流動化している時代だけれど モードなアイテムでも

一過性のものとして捉えるんじゃなくて

長く使うことが 日本じゃ普通になってくると思う

デザイナーに刻み込まれた憧れの原動力だったり

そのアナログなエキスをいかに常識にとらわれずに

広げて そしてシステム化していけるか

そういう会社って今でも日本から世界に影響を

与え続けているし さらに再構築と進化を繰り返して

僕らに 常に驚きと気分のいい視覚言語を語りかけてくれる


17104_1.jpg

ちょいと肌寒くなってきたからセーターを引っ張り出しました

17104_2.png

ハイテク素材もいいけれど やっぱりウールはいいな!

17104_3.png

メランジのベレー帽にレアなピンバッジ

このダブルブレストはジャケットかな? コートかな?

バランスからいって チェスターコートだと思うな

金ボタンが雰囲気

胸元のストールが全てを上手に調和させているね♪



                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback

126What to wear now



去年の10月にコーシェっていうフランスのブランド

原宿のとんちゃん通り[僕が居た頃は普通の商店街で

その中ほどにとんちゃんっていう定食屋があって

昼間は結構な割合でお世話になっていた]で

ファッションショーでをやりました

9割位の出演者がプロのモデルではなくストリートで

スカウトした人たちでした

男性も女性も 大きい人も小さい人も

きれいな人も個性的な人も一緒にトンちゃん通りを歩いた

その評判がものすごく良くて 結果 業界人が

あれでいいんじゃん ってなった

プロとストリートの子を混ぜて それにシーズンも混ぜてしまう

それに途中で酔っ払った通行人が迷い込んできたりとか

いわゆる全部ありなわけ


コーシェ001

コーシェ1

コーシェ4

コーシェ5

コーシェ7


ああいうのやってしまうと スーパーモデルがたくさん出てくる

今までのショーのあり方じゃ満足できない感じになってくるよね

コーシェ6

ブルータス掲載 栗野氏対談のコラージュ



つづく



                                           ありがとね∈^0^∋


やる気のスイッチ (● ̄(エ) ̄●)ポチッとな♪

fc2blog Ranking02
                    Powered by Blogger.                                                      


Posted by ぷりゅす on  | 0 comments  0 trackback